タイではカジノが禁止されています

シンガポールではカジノが盛んですが、セキュリティやギャンブル依存症対策などの管理がしっかりしています。
観光の呼び水として、慎重に配慮しているのがよくわかります。
タイ人もカジノが好きで好む人は沢山いるのですが、実はギャンブルはご法度の国です。
ムエタイの試合などでは賭け屋をよく見かけますが、あくまでスタジアム内に限ってのことで、他では許されません。
サッカー賭博などもよく聞きますが、逮捕者が出ていて、取り締まりが厳しい状況にあります。
カード賭博や鶏を戦わせる闘鶏、魚を戦わせる闘魚なども良く見受けられますが、空き地などでこっそり行われているのが一般的です。
闘魚に使用されるベタはウィークエンドマーケットなどで売られているのですが、本来は禁止されていて、見つかればお咎めを受けるので注意しましょう。なお、日本でカジノを楽しむならオンラインカジノという方法があります。【徹底解説】ジャックポットシティカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方まで!  初心者の方でも気軽にプレイできますよ。

タイではカジノが禁止されているので、他の国で楽しむしかありません。
他国に行く時は、シンガポールは滞在費や交通費がかさむので、コストのかからない近隣国へ行くことが多いです。
人気があるのはカンボジアで、車でバンコクから片道6時間くらいで行くことができます。
バンコク市内からはカンボジアまでの大型バスの直行便があるのですが、土日は満席で乗れないことが多く、国民がギャンブル好きなのが伺えます。
お父さんがギャンブル好きの家庭は、毎週、カンボジアに子供が連れていかれることも珍しくありません。
もちろん、ある程度お金持ちの家庭でないと行くことはできませんが、それだけギャンブルに興味がある人が多いということです。
ギャンブルご法度の国だからこそ、余計にギャンブルが好きになってしまうのは、仕方のないことなのかもしれません。

タイはギャンブルがご法度の国なのでカジノはできませんが、首都バンコクでは闇で行われていることが多く、警察によく摘発されています。
ギャンブル好きの国民ゆえ、違法ではあるものの、トランプ賭博やらボクシング賭博、サッカー賭博などが密かに行われているのが実態です。
合法的にカジノを楽しむ時は、国境を越えてカンボジア側のポイペトへ行く人が大半で、そこではカジノホテルが林立しています。
ポイペトでカジノをプレイしている99.9%がタイ人と言われていて、通貨もタイバーツが使用されています。
ポイペトは、合法的にカジノを楽しめる特別区であり、多くの人がギャンブルを楽しんでいて日本人も入場可能です。
カンボジアのポイペト以外では、パイリンやラオス、ビエンチャンなどでも楽しむことができます。