中国語でなくてもマカオのカジノは大丈夫です

2010年に、シンガポールで2つのIR施設が立ち上がりました。その結果、両施設合わせて、年間2000億円の営業利益を記録するに至りました。多大の成果をあげたことでもって、全世界から注目されました。観光産業が飛躍的に発展し、従来には考えられなかった規模での経済効果を生み出したのは、経済低迷に悩む多くの国へ驚きを与えました。そして、日本でも、シンガポールに続けとばかり、にわかにカジノ解禁の流れが強まってきたのです。それほど、シンガポールでは、カジノ解禁による経済的メリットが大きいものがありました。シンガポールを訪れる海外の観光客は、入り口でパスポートを見せるだけで、無料で中に入ることができます。そういった気軽さもあって、大変な人気を博しています。このとき、ディーラーとうまくコミュニケーションが取れるのか、言葉の問題を心配している人もいるようです。

シンガポールのカジノでは、ディーラーも従業員も基本的には英語がわかりますので、客としても、簡単な英語が話せればプレイをする上での問題はありません。たとえばブラックジャックのようなテーブルゲームであっても、英語の単語さえ理解できていれば、賭けに加わることが可能です。現実としては、シンガポールの人口のほとんどは中華系の人ですので、会場の中では中国語が語られていることが目立ちます。また、中国からの客も多くやってきていますので、ますます中国語が目立って聞こえてきます。カジノで就業しているスタッフの大半は中華系で占められています。かといって、中国語が全くわからなくても、たとえばbetのような簡単な英単語さえ使えれば、プレイは普通に楽しめます。さほど神経質になる必要はありません。

マカオでの公用語は中国語とされていますが、かといって中国語が理解できないからといって、不利益をこうむることはありません。インチキをされたり、危ない場面に出くわすこともありません。マカオといえば、全世界からの観光客が来場するところですので、言葉の問題で悩むのは無用です。プレイに必要な言葉であれば、時には日本語でも通じるケースもあるほどです。ですから、英語が少し話せれば何のハンディもなく、プレイを楽しむことができます。マカオだからということでの特別なルールはありません。また、食事も日本語メニューが用意されていて、日本人が料理選択をするのも非常に便利です。味も世界の多くの国の人が食べやすいようにとの配慮から、脂っこさや強い辛さを抑えていて、口にしやすい味になっており、すこぶる好評です。