カジノにはメリットも!?治安悪化だけではない

カジノの誘致に反対する人が多いのは、誘致した地域における治安悪化を懸念している場合が多く実際の治安状況については誘致してみないとわからないというのが正直なところです。カジノ自体が日本に馴染みがなく、日本人が持ってるイメージというには海外映画や海外ドラマにおけるイメージに依存しているところがあります。

たしかに誘致すればそれを利用する人の質などにより、周辺の状況は変わってくるかもしれませんし、治安悪化の恐れがないとは言い切れず警察や警備員の数を増やしたりして対応する必要性が出てきます。そのほかにも防犯カメラなどによる監視なども必要になってきますが、実際にパチンコ屋競馬場といったものも賭博施設施設なので、偏見や海外映画などのイメージによる偏見が大きいため治安が悪化するといっている人が多いのも事実です。

カジノの誘致は決して悪いことばかりではなく、日本の財源を確保するという面においてもメリットがあり、日本のカジノは公営の賭博場なので、競馬場などと同じで国の税金になる部分があり、得たお金を社会保障やその他の財源に充てることができ、結果として日本自体が豊かになります。また、海外から異本のカジノを目的に旅行に訪れる人も多くなるので、外貨獲得にもつながり日本に流通するお金が増え一石二鳥と言えます。財源が増えるということは、消費税の増税をしなくて済んだり、企業の法人税の減税などを行うことができるようになり給料のアップなどにつながり、よりお金の周りが良くなる好循環が生まれます。日本は少子高齢化に伴い、国が払う年金の支給額の増加は年々増え、財源の確保が難しくなってきているのも現実で、カジノはなくてはならない娯楽施設になるでしょう。

カジノは治安悪化のデメリット以上のメリットが他にも存在し、雇用創出につなげることができます。まずは会場を作るための雇用が生まれ、大きな施設のため建物自体の建設から周辺の歩道や道路の整備、場合によってはホテルや飲食店などの周辺環境の充実のための建設による雇用も発生します。建設の雇用もありますが、そこで働く人たちも必要になり、警備員や会場スタッフ、周辺の飲食店やホテルのスタッフなどの雇用拡大にもつながり、いいこと尽くしと言えます。雇用が増えることで失業率の低下をもたらし、お金を得る人が増えるのでそのお金を使ういその他の企業も潤い、結果として人々の所得増加につなげることができます。このようにカジノというのは治安悪化も少しはあるかもしれませんが、財源の確保や雇用創出にも大きな影響を与えるものだと言えます。